クレジット=販売信用について

クレジット=販売信用は、いくつかに分類することができます。

まず1つ目は、契約当事者の数による分類です。これには、2者間契約と3者間契約があります。

クレジットは消費者と契約する相手の数によって2つに分けられます。その1つは、販売会社に商品などの代金を後払いにするシステムです。これを2者間契約といい、契約者は販売会社と消費者となります。このとき、商品などの購入先と代金の支払先は販売会社です。

もう1つは、消費者と販売会社の間にクレジット会社が入るシステムです。これを3者間契約といい、契約者は消費者、販売会社、クレジット会社の3者となります。この場合、消費者が購入した商品などの代金をクレジット会社が立て替えて販売会社に支払い、後日に消費者がクレジット会社に支払うことになります。このとき、商品の購入先と代金の支払先は異なっています。

2つ目は、利用方法による分類です。クレジットは利用方法によって2つに分けられます。

1つは、商品を購入するときにクレジットを利用するための申込書を提出して、クレジット会社の審査を受けて利用するものです。これを「個別方式」のクレジットといいます。

もう1つは、クレジットカードを利用する方法です。クレジットカードは、クレジット会社にカードの発行を申し込んで、審査を受けて通過したときにクレジットカードが発行されます。



このページの先頭へ戻る