割賦販売法を説明しています

3つ目のクレジットの分類としては、割賦販売法による分類があげられます。クレジットに関する法律に「割賦販売法」があります。割賦とは分割払いのことです。

割賦販売法では、クレジットを3つに分類しています。

割賦販売
販売会社が商品などを販売するときに、その代金を分割による後払いで商品を受け取ることをいいます。このときの支払いは、2ヶ月以上で3回以上の支払いかリボルビングとなります。消費者と販売会社の間で「割賦販売契約」を交わすことで、分割で後払いする割賦販売の契約が成立します。販売会社が発行するクレジットカードを用いた割賦販売もあり、これを包括方式の割賦販売といっています。
信用購入あっせん
消費者が販売会社で商品などを購入するときに、クレジット会社が消費者に代わって販売会社に支払いを行い、後日消費者が代金を2ヶ月以上をかけてクレジット会社に支払うことを指します。3者間契約で、支払い期間が2ヶ月を超えるものは、信用購入あっせんとなります。このときは、消費者と販売会社の間に「売買契約」、消費者とクレジット会社の間に「立替払契約」が交わされます。
ローン提携販売
消費者が販売会社から購入する商品などの代金を金融機関から借り入れて、分割して返済します。このとき、分割して返済することを条件として、販売会社が消費者の債務を保証することを指します。消費者と金融機関の間には「金銭消費貸借契約」、金融機関と販売会社の間には「保証契約」が交わされます。


このページの先頭へ戻る