クレジットの法律上の分類を知っておこう

クレジットは割賦販売法という法律上で、9パターンに分類されています。

割賦販売
個品方式、総合方式、リボルビング方式
割賦購入あっせん
個品方式、総合方式、リボルビング方式
ローン提携販売
個品方式、総合方式、リボルビング方式

このように9つに分類されるクレジットには、それぞれカードが発行されるものと発行されないものがあります。割賦購入あっせんの総合方式は、クレジットカードが主流となっているものですが、ローン提携販売の個品方式は、家電メーカーや自動車メーカーなどで多く利用されており、カードの発行はありません。

ローン提携販売の個品方式などが代表的ですが、ショッピングクレジットとして商品ごとに申込用紙に記入して、個別に審査を受けて契約を行う形態のものは、よく知られています。

そんな購入するたびに個別に審査を受けるのではなく、あらかじめ審査を受けておくことで、後から何に使ってもよいというクレジットカードのような形態のものもあります。

商品を購入するたびに審査を受ける形態を個別方式といいます。あらかじめ審査を受けてクレジットカード等を保持する形態の契約には、総合方式とリボルビング方式があります。

総合方式とリボルビング方式は、クレジット会社に立て替えて支払ってもらった立替金の支払方法の違いから、名称が異なっています。



このページの先頭へ戻る