個別方式のクレジットの利用について

ここでは個別方式のクレジットの利用について、手順を説明します。

個別方式のクレジットは、消費者が商品などを購入するときに、購入するためのクレジットの審査を受けて利用するものをいいます。

個別方式の信用購入あっせんの利用手順は次のようになります。

1.購入商品を決める
 まずは購入商品を決めましょう。
2.クレジットを利用したい旨を申し出る
購入する商品を決定した後、商品の性質や金額、そして自分の予算を考えて、クレジットを利用するのか他の方法にするかを決定します。
3.クレジット利用の申込書を記入する
販売会社が用意している申込書を記入します。氏名、住所、勤務先などの情報を記入し、商品名や金額などは販売会社が記入します。申込書には大切な内容が記載されていますので、よく確認しておきます。
4.申込書を販売会社に提出する
申込書を記入したら販売会社に提出します。このとき、申込書の控えを受け取ります。この控えが契約内容が示されているものになります。支払いが終了するまで大切に保管しておきましょう。
5.クレジット会社による審査
クレジット会社は申込書に記載された内容をもとに、契約をするかを審査します。このとき、クレジット会社から電話を受けることがあります。
6.商品を受け取る
審査の期間によって、商品の受け取り時期が異なってきます。その日のうちに審査が終了する場合は、当日商品を持ち帰れますが、審査結果が後日になるときは、商品の受け取りも後日になります。
7.クレジット会社へ支払い
通常は、金融機関の口座からの引き落としになります。


このページの先頭へ戻る