長期のクレジットを一括で支払う方法について

クレジットはすぐに商品を手にして、支払いを後で行うことができる便利な方法です。高額な商品を購入するときには、クレジットは大変便利に使えます。

高額な商品を長期にわたる分割払いのクレジットを利用して購入したようなときは、長い期間にわたって支払いが続くことになり、また手数料も多く支払うことになります。

そんな長期の分割払いを利用しているクレジットを、一括で返したいと思ったときは、早期完済をして早く返してしまうことができます。

支払い期限の前に一括で支払ってしまうことを、早期完済といい、早く払った分の手数料の払い戻しを受けることができます。これを「戻し手数料」といいます。

戻し手数料を受けるためには、2つの条件があります。それは、契約どおりに支払いをしていること、残金を一括ですべて支払うことです。

戻し手数料の計算方法には、特に決まりがありません。クレジット会社のほとんどは、「78分法」と呼ばれる計算方法で算出しているようです。

また、早期完済をするときには、別途事務手数料が必要になることがあります。そのため、最終的に払い戻しされるのは、78分法で求められた戻し手数料から事務手数料を差し引いた額となります。この事務手数料については、各クレジット会社によって異なります。



このページの先頭へ戻る