クレジットカードの利用の仕組みを知ろう

クレジットカードは、後で支払うことを個人の信用をもとに利用者とクレジット会社の間で契約を結ぶことで、利用することができるようになります。

クレジットカードの仕組みをご説明しましょう。

クレジットカードが利用できるお店やレストランは、クレジットを利用する利用者を信用しているわけではなく、クレジット会社が利用者の代わりに代金を支払ってくれることを期待して、利用者の支払いを猶予しています。

クレジット会社は利用者が代金を後から支払ってくれると期待して、販売店に代金を支払います。そのために、利用者は一定期間支払いが猶予されるのです。

この流れからわかる通り、クレジットカードを利用した契約には、クレジット利用者と販売店、クレジット会社という3者間で三角関係が成立しています。クレジットカードの利用者は、クレジットカードを持っていることで販売店に対して信用を証明することができます。この信頼によって、支払いの猶予が行われるのです。

販売店がクレジットカード決済を利用するためには、クレジットカード会社と加盟店契約を結ぶ必要があります。加盟店契約を結ぶときにも利用者がカード発行をしてもらうときのように、カード会社で審査が行われます。


日本の伝統行事の七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日にお宮参りをします。

由来や起源、現在のような形になっていったのはいつ頃か知りたい→七五三を詳しく解説


このページの先頭へ戻る