クレジットカードの利用で支払いが増える

クレジットを利用するときに便利なクレジットカードですが、個別方式のショッピングクレジットなどと違うこととして、あらかじめ審査をしてカードを発行されていることです。

このためにトラブルになりやすいこと、気を付けないといけないことがあります。

よくいわれることですが、クレジットカードを使うと現金で支払いするときより、2割程度のムダにお金を使ってしまう傾向があります。

これは米国でよく言われている話だそうです。この数字も米国から来ているのでしょう。

クレジットカードは便利なのですが、使い方によっては自分の身を滅ぼす道具にもなってしまいます。ムダに支出を増やさないように利用することが大切です。

そもそも利用者のお金の管理がしっかりしていれば、クレジットカードを利用してもムダに支出が増えることはありません。使うべきお金のことを日頃から考えて生活していると、必要なもの、不要なもの、クレジットカードを利用してもいいとき、利用したらいけないときも判断できるはずです。

自分が必要なものと不要なものがしっかり認識できていれば、現金で支払うより支払いが増えることはありません。米国はカード社会といわれるくらい、クレジットカードでの支払いが生活の中に浸透していますので、そんな環境も影響しているでしょう。


ETC利用にはETCカードを作らなければいけない

ETCを利用は通常クレジットカード決済だが、ETCを車で利用する際はETCカードを作らなければいけない。稀に一体型となっているカードもあるが通常は別途作成する必要がある。ETCカードはクレジットカードを持っているのであれば、そのカード会社で発行する事も可能だし、別のクレジットカード会社で発行しても大丈夫だ。

ETC利用の金額を簡単に管理するのであれば、今持っていないクレジットカードと別の会社で契約すれば、明細が分かれてとても便利だ。また、ETCカードは発行手数料がかかる場合もあるので、注意しよう。クレジットカードは年会費・発行が無料でも、ETCは有料という事もあるからだ。

年会費・発行手数料もともに無料なETCカードは沢山なるので、比較サイトなどで良く探してほしい。


このページの先頭へ戻る