クレジットの意味を知ろう

クレジットとは、「信用、信頼」「信用貸し、信用販売」という意味があります。信用販売と消費者金融を総称して、クレジットということもあります。

1961年7月に割賦販売法が公布されたことから、7月1日をクレジットの日と制定されています。

クレジットの分類として、後払いで商品等を購入する「販売信用」と、お金を借り入れる「消費者金融」に分けられます。販売信用、消費者金融ともに、消費者の信用に基づいた契約がある消費者信用です。

クレジットには明確な定義がなく、広い意味で「販売信用」と「消費者金融」を総称しています。しかし、一般的には販売信用をクレジットといい、消費者金融はローンと使っていることが多いようです。

クレジットもローンも消費者の信用を基に成り立っているシステムであることは同じで、支払いをする能力があるという信用がなければ利用できません。

クレジットは、ほとんどがクレジットカードで利用されているといえます。その他にも利用方法はありますが、クレジットというとクレジットカードを思い浮かべる人は多いでしょう。

クレジットカードは、支払いをする能力があるという信用がなければ審査に通らず、作ることができません。



このページの先頭へ戻る