クレジットの支払いができなくなったときの対処

複数のクレジット会社を利用して、支払いが難しくなったときには、国民生活センターや自治体が設置している消費者センターなどに相談することができます。

ただし、相談をするだけで解決するのは自分自身です。

多重債務に陥って、とても支払うことができなくなったときの対処方法をご説明します。

債務整理(任意整理)を依頼する
債務整理は、弁護士に依頼してクレジット会社に支払い条件の調整をしてもらうことです。複数の会社にそれぞれ交渉をしてもらいます。
特定調停
簡易裁判所の仲介により、クレジット会社と話し合いを行い、支払いについての合意を成立させる方法です。
個人再生
地方裁判所に申し立てて、財産の処分なく、生活の立て直しを図ります。債務の金額、継続的な収入、決まった額での返済などの条件がありますが、条件が満たされると残債務の免除があります。
自己破産
どうしても支払いできない金額になってしまったときは、地方裁判所に破産を申し立てることができます。破産が認められて免責が決定すると、クレジットの支払いが法的に免除されます。ただし、資産がある場合は債権者に分配され、免責を得るときには条件があります。日本クレジットカウンセリング協会では、このような事態に陥った人の相談を受け付けています。


このページの先頭へ戻る