クレジットの支払いが難しくなったときは

クレジットを利用するときには、必ずしなければならないのは支払い計画です。クレジットを利用した後の支払いについて、しっかりと考えて使うことが大切です。

クレジットを利用して毎月支払いを行っている間に、支払いが厳しくなることがあります。原因としては、家計管理の失敗や予期せぬ収入の減少、支出の増加などがありますが、支払いが難しくなったときはできるだけ早いうちに対処することが重要です。

まず初めに行うことは、自分の債務内容を把握して、自分が陥っている状況をしっかりと理解することです。いつまでに支払わなければならないお金がいくらあるのか、それに対していくらの支払いが可能なのか、いくら不足するのかなどを正確に把握しなければなりません。

自分の状況を正確に把握したら、収入と支出のバランスを保つように不要な支出はできるだけ切り詰めるようにします。生活態度を改めて、お金の管理を見直します。

通常は契約通りに支払いをすることが原則ですが、支払いが困難になったときは、クレジット会社に支払い条件の変更を申し出ることも必要です。クレジット会社に相談して、自分の状況を伝えて十分に話し合いを行い、支払い条件を変更してもらえるように依頼します。


このページの先頭へ戻る